全国銘茶のみくらべセット

¥ 6,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 0円
    • 東北

      • 青森県 1,000円
      • 岩手県 1,000円
      • 宮城県 1,000円
      • 秋田県 1,000円
      • 山形県 1,000円
      • 福島県 1,000円
    • 関東

      • 茨城県 1,000円
      • 栃木県 1,000円
      • 群馬県 1,000円
      • 埼玉県 1,000円
      • 千葉県 1,000円
      • 東京都 1,000円
      • 神奈川県 1,000円
      • 山梨県 1,000円
    • 信越

      • 新潟県 1,000円
      • 長野県 1,000円
    • 北陸

      • 富山県 1,000円
      • 石川県 1,000円
      • 福井県 1,000円
    • 東海

      • 岐阜県 1,000円
      • 静岡県 1,000円
      • 愛知県 1,000円
      • 三重県 1,000円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,300円
      • 京都府 1,300円
      • 大阪府 1,300円
      • 兵庫県 1,300円
      • 奈良県 1,300円
      • 和歌山県 1,300円
    • 中国

      • 鳥取県 1,300円
      • 島根県 1,300円
      • 岡山県 1,300円
      • 広島県 1,300円
      • 山口県 1,300円
    • 四国

      • 徳島県 1,300円
      • 香川県 1,300円
      • 愛媛県 1,300円
      • 高知県 1,300円
    • 九州

      • 福岡県 1,300円
      • 佐賀県 1,300円
      • 長崎県 1,300円
      • 熊本県 1,300円
      • 大分県 1,300円
      • 宮崎県 1,300円
      • 鹿児島県 1,300円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,300円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

全国各地から取り寄せた選りすぐりの銘茶。
茶産地ではない北海道だからこそ揃えられた特別なラインナップです。

・宇治煎茶(京都)普通煎茶 やぶきた品種
・静岡煎茶(静岡)普通煎茶 おくひかり品種   
・知覧煎茶(鹿児島)深蒸し煎茶 あさつゆ品種  
・八女煎茶(福岡)深蒸し煎茶 やぶきた品種
・嬉野茶(佐賀)釜炒りグリ茶
・狭山茶(埼玉)深蒸し煎茶 さやまみどり品種
・宮崎茶(宮崎)普通煎茶 おくみどり品種
・伊勢茶(三重)かぶせ茶 やぶきた品種
(真空パック:各50g)


【宇治煎茶】
京都市と奈良市の間、宇治川、木津川が流れる穏やかな気候の丘陵部で育まれているのが、全国的に名高い宇治茶。その中で特に評価が高いのが、このセットの宇治田原産のやぶきた品種です。味わいに清涼感があり、飲んだ後、口の中で甘みが広がります。

【静岡煎茶】
お茶の全国生産量の約半分を占める静岡。その中でも、大井川上流、標高500m以上の川根奥大井地区は「天空の茶産地」と呼ばれる特別な場所です。ハーブを思わせる香りが特徴で、丸みのある味わいと清涼感を楽しむことができます。

【知覧煎茶】
生産量全国2位の茶産地・鹿児島でも別格といわれる知覧茶。「あさつゆ」品種は「天然玉露」と呼ばれるほどの甘み・旨みがあります。70℃のお湯で1分ほど待てば、とろっとしたまろやかなお茶が楽しめます。

【八女煎茶】
宇治に次ぐ高級茶産地・八女。「さえみどり」は香りが強い「やぶきた」と旨みが強い「あさつゆ」をかけ合わせた品種。爽やかな香りと渋みの少ない旨みを併せ持ち、リラックス効果があるといわれるテアニンを多く含むことが特徴です。比較的熱いお湯を使って短い時間で淹れてください。

【嬉野茶】
日本の緑茶では、蒸して発酵を止めるのが一般的。しかしこの嬉野茶では、大釜に入れて熱を加えるという、中国伝来の方法を使っており、香ばしい香りが漂います。茶葉が勾玉状になっているのも特徴のひとつです。少し熱めの90℃のお湯でも美味しくいただけます。

【狭山茶】
「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と、古くより味わい深さが知られている狭山茶。その深い旨みは、大規模生産地の北限に位置するため、寒い冬を乗り越えるために葉に養分が集まったことや、「狭山火香」という独特な仕上げ技術によって生じたものです。

【宮崎茶】
生産量全国4位で、今なお栽培面積が増え続けているこれからの産地、宮崎。雑味のないすっきりとした味わいで、爽やかな清涼感が特徴です。70〜80℃のお湯で、少し長めに90秒ほど待つと、美味しさをしっかりと引き出せます。

【伊勢茶】
生産量全国3位の三重。玉露と同じように覆いをかけて育てる「かぶせ茶」の生産量では日本一です。陽を遮る利点は、苦渋味の原因になるカテキンが減って、味がまろやかになること。このかぶせ茶は、製造後に低温蔵でじっくりと熟成させているため、より豊かな香りと甘みを楽しむことができます。